診療時間日祝
10:00 - 19:00

◎土曜日:9:00 - 18:30

その他のアプローチ

内臓、血管、リンパ管への緊張調整テクニック

内臓、血管、リンパ管への緊張調整テクニック

ヴォイス・オブ・スパインは、内臓バイオメカニクスによる内臓・血管等への直接的テクニックだけでなく、脳血管を含めた血管、自律神経系への緊張状態を間接的に調整するテクニックを用い、臓器の働きをより高める他、創傷治癒の促進や風邪などの感染からの早期回復に努めています。

血管が部分的に緊張して細くなると、水撒きのホースをつまんだ時のように血流の勢いが増し、血管自身を傷めてしまいます。これが持続すると動脈硬化や動脈瘤の原因にもなるため、血管の緊張を整えることは大変重要なのです。

また、血管が緊張すると、体は緊張した血管をそれ以上伸ばされないよう保護するために体を丸めるように筋緊張が高まり、姿勢の変化や体の動きの制限が起こり体の痛みを生み出します。このような原因で姿勢が丸まっている場合、ストレッチなどで無理やり伸ばそうとする処置は逆に問題を引き起こしてしまいます。近年はストレッチがブームですが、例えば、頚動脈の緊張がある場合に頚部をむやみにストレッチをすることは大変危険な場合もあります。

このテクニックはこのような緊張を自然に整えることが出来るため非常に安全で、姿勢や可動域にも変化が起こり、体が楽になります。

当院に来院されている70代の男性は頚動脈が75%狭まっていると診断され定期的に医師による経過観察を受けていますが、このテクニックを継続的に行い始めてからの3年ほどはそれまで進行し続けていた狭窄が止まり、同時に長年の肩こりがなくなっていることに気付かれました。

カイロプラクティック神経学(機能神経学)

カイロプラクティック神経学(機能神経学)

カイロプラクティック神経学は100年以上のカイロプラクティックの歴史の中でも新しい考え方で、左右の大脳を中心とした神経のバランスを整えることによって体全体のコントロールを改善する手法です。

顔の張りや目の動き、姿勢などから左右の大脳を始め脳や神経のどの部位が機能的にバランスを崩しているのかを判断し、カイロプラクティックアジャストメントだけでなく光や音や振動など様々な手法を用いてそのバランスを整えます。

  • めまい
  • 頭痛などの脳神経の問題
  • 自律神経障害
  • 姿勢の問題

などにお悩みの方が多くいらっしゃいます。

全身の筋肉・神経の統合性を高めるテクニック

全身の筋肉・神経の統合性を高めるテクニック

オーストラリアで生まれた、筋肉や腱、神経などの軟部組織をやさしく弾くように施術することによって、全身の神経のバランスを整え、体の緊張を整えるテクニックです。体の左右のトーンが整うことにより、体全体の働きが改善します。オーストラリアでは「奇跡のテクニック」と呼ばれています。海外では慢性関節リウマチの症状が改善したという報告もあります。

ヴォイス・オブ・スパインでは特に華奢なご年配の方や全身を使うアスリートの方、全身の緊張が強くトーンを落ち着かせたいときなどに用いています。

四十肩・五十肩の特殊テクニック

四十肩・五十肩の特殊テクニック

フローズン・ショルダー、いわゆる四十肩・五十肩は、通常治るのに1年ほどかかると言われており、とてもやっかいな問題です。とにかく肩が上がらないこと、また激痛により日常生活が大きく制限されてしまいます。急性期には痛みで眠ることも困難な場合もあります。

ヴォイス・オブ・スパインではこのような症状に特化した大変効果的なテクニックを使用し、早期改善に効果を上げています。このテクニックは科学的根拠に基づいた療法(evidence-based)で、研究によると、152人の患者のうち、86%の人が平均7.9回の施術で完全に回復したことが示されています。ヴォイス・オブ・スパインでも同様の結果が出ています。

当院のカイロプラクターは海外でも実績のあるこのevidence-basedのテクニックの認定を受けています。

パーカッション(ヴァイブレーション)・セラピー

パーカッション(ヴァイブレーション)・セラピー

当院では海外よりバイブラカッサ―と呼ばれるパーカッション器具(ヴァイブレーション器具)を導入しています。この器具は大変使用範囲が広く、関節周囲の緊張を緩和することで関節の位置を整えたり、トリガー・ポイントと呼ばれる筋肉の痛みの発生源を解消したり、頭蓋骨を調整したり、手の届かない深部にある緊張や筋膜などの膜組織の癒着を解きほぐしたりする際に使用します。

また、血液、リンパ循環を促進するため、疲労から早く回復したいアスリートの方などにも大変効果的です。

食生活アドバイス

食生活アドバイス

ヴォイス・オブ・スパインはただ手技を行うことだけが治療だと思っていません。「皆さまにより良い健康を」との思いで、症状緩和や予防のため、そして健康増進のための食事の摂り方もアドバイスさせていただきます。実は、食べる物が痛みや症状の隠れた原因になっていることも多いため、私たちは食生活のアドバイスはとても重要なものと位置付けています。

私たちの食事アドバイスの基本は、全ての病気や症状の原因と言っても言い過ぎではない、「炎症」を起こしにくい食事です。炎症は、実は皆さまが思っているような赤く腫れあがるものだけではありません。実は見えないところ、気づかないところで弱い炎症が身脳や血管、腸などの体内でも起こっています。ですが、きちんとした知識があれば、炎症はある程度コントロールすることが出来ます。

私たちは、どのような食事が炎症を生み、痛みや症状を作り、病気を起こすのか、そして、どのような食事が炎症を抑え、問題を減らすことが出来るのかをお伝えいたします。炎症をコントロールすることは健康への重要なカギです。その上で、症状に応じて、関節を強めたり、働きを崩してしまった臓器をケアするための食生活のアドバイスをいたします。

カスタム・インソール

カスタム・インソール

ヴォイス・オブ・スパインでは高品質で定評のあるアメリカの「Sole Supports社」のカスタム・メイドのインソール(中敷き)を取り扱っております。Sole Supports社はテニスのアンディ・ロディック選手やプロアメリカン・フットボール・チーム(NFL)のデンバー・ブロンコスなど多くのトップレベルのアスリートからも支持を受けています。

足は体の土台であり、その機能はとても重要です。歩行時、足を着地した際にはアーチ(土踏まず)は衝撃を吸収するために若干下がります。その後には今度はしっかりと持ち上がる強さが必要です。そうでないと下がったままのアーチは足からの連鎖反応により、ふくらはぎ、膝、股関節、骨盤、腰、背中、首、あご、そして頭蓋骨にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。驚くことに、約90%の人が、このアーチの上げ戻しが出来ない状態なのです。

Sole Supportsのインソールが他社の製品に比べて優れているのは、接地時の衝撃吸収性(柔軟性)と足を支えるのに必要な十分な硬さの両方を兼ね備えていることです。さらに、足が着地してからつま先で蹴って離れるまで、歩行のどの瞬間においてもしっかりと土踏まずに接触し、サポートすることが出来ます。それは土踏まずに合わせて型を取ることに加えて、足の柔軟性や体重なども考慮して作製するからです。しかも大変丈夫に作られています。

このように非常に高品質であることが、トップレベルのアスリート達からも支持される理由です。これらが実現できない多くのインソールは、例えオーダーメイドのものでさえ効果が薄く、「高いわりにあまり効果を感じない」とネガティブな印象をお持ちの方もいらっしゃるようです。

当院で扱っているSole Supports社のカスタムインソールを実際にお使いいただいている方からは、「坐骨神経痛が良くなった」、「スポーツ時の歩幅が大きくなり、助走の距離が大きく変わった」、「なんだか疲れにくい」、「外反母趾が楽になる」等というお声をいただいております。

Sole Supportsのインソールを取り扱うためには、提供するためのトレーニングが必要で、当院ではそのトレーニングを受けておりますので安心してご相談ください。

土踏まずの問題から起こりうる問題

土踏まずの問題から起こりうる問題
  • 足底筋膜炎
  • 足の変形
  • 足の親趾の関節炎
  • ひどい偏平足
  • 腸脛靭帯の問題
  • モートン神経腫
  • 腰痛
  • 股関節・膝の痛み
  • シンスプリント
  • 背部痛
  • 頚部痛
  • 顎関節の痛み
  • 頭蓋骨の問題