診療時間日祝
10:00 - 19:00

◎土曜日:9:00 - 18:30

当てはまる方は今すぐご連絡を!

過去にケガや手術をしてから何か身体の調子がおかしい

過去にケガや手術をしてから何か身体の調子がおかしい

海外から来日されたプロのバレエダンサーの40代男性。来日中に急に腰が痛くなったとのこと。どのような動きにも痛みがあり、可動域も著しく制限され、腰を曲げたり反らそうとするだけで顔をしかめている。病歴をうかがうと、過去にいくつかの手術やけがをしているという。そこで、体に残っている過去の外傷・手術の記憶をリセットするIRTの施術をしたところ、劇的に痛みが消失し、どのような動きにも全く痛みはなくなった。

インジュリー・リコール・テクニック(IRT)とは、アメリカのカイロプラクター、Dr.ウォルター・シュミットが考案した施術法です。何十年前のけがや麻酔を使った手術であったとしても、体が痛みを経験するとその痛みの反応(信号)が神経に記憶されたままになり、体のバランスが失われ、体の痛みや、緊張、自律神経の問題などあらゆる症状がいずれ出てくる可能性があります。すぐに出ることもあれば、何十年もたってからのこともあります。

上記のバレエダンサーの例は、過去に経験したけがや手術が現在の腰痛に影響していた例で、IRTの施術により、その影響を断ち切ることで体のバランスが改善され、突然のひどい腰痛を消すことができました。IRTの施術を行うことにより、上記のような痛みの軽減だけでなく、体のバランスが整ったり可動域が広がったりと体の状態が大きく変わる例は枚挙に暇がありません。

過去の外傷や手術によって起こる可能性のある症状の一例

  • 原因不明の腰痛、頚部痛
  • 頭痛
  • しびれ
  • からだの歪み
  • めまい
  • 自律神経失調
  • 胃腸の(問題)不調
  • 内臓機能の(問題)低下
  • スポーツのパフォーマンスの低下

これらの例は、過去の外傷や手術の影響を受けて起こる問題のほんの一部で、実際には、あらゆる症状を引き起こす可能性があります。逆に言うと、どのような症状でお悩みの場合でも、過去の痛み等が原因の一つになっている可能性が非常に高いのです。

そのため当院では、このIRTの施術をもっとも重要な治療の1つと位置付け、最初にお越しいただいた際の一番初めの施術として必ず行っています。IRTの施術をせずに他の治療を行うのは、ほこりの上からペンキを塗るようなものです。IRTの施術を受けていれば、その後の人生に上記のようなお身体の不調・苦痛を背負う可能性が低くなるとも言えるのです。

過去に外傷や手術を経験された方だけでなく、過去にどのような治療を受けても良くならなかった方は、ご自分では忘れてしまっている痛み等の記憶が身体に残っている可能性があります。当院では、そうした忘れた記憶を探し出すことも可能です。

是非、一度このような記憶がないかもチェックされることをお勧めします。

内臓機能に不調がある
病院に行っても原因がわからない

内臓機能に不調がある 病院に行っても原因がわからない

●1年続く下痢のため来院された10代男性。腸に関係する部位の背骨の調整とともに、腸自体にも調整を行ったところ、下痢はすっかりよくなった。

●3年間続く吐き気と食欲不振のため遠方より来院された40代男性。近所のカイロプラクティックを受診していたが、症状が改善されず、インターネットで調べた当院に来院。通常のカイロプラクティックの矯正に加え、内臓の位置の調整、血管の調整を行い、1回の治療で吐き気は嘘のように治まった。

当院ではカイロプラクティックによる背骨の施術だけでなく、内臓に対して内臓バイオメカニクスという手技を行う事が出来ます。内臓バイオメカニクスとは、当院のアドバイザーで、世界的なカイロプラクターのDr.ヴィクター・ポルテリが40年の研究により開発したテクニックです。

内臓は周囲の内臓同士や骨、筋肉などに囲まれた狭い空間の中で動いており、そこには神経や血管も出入りしています。背骨や身体の歪み、不良姿勢などにより内臓が圧迫されたり捻じれたり挟まれたりして、本来の機能を果たせなくなることがあります。そうなると、神経が正しく伝わらなかったり、血液が十分に供給または排出されなかったりして調子を崩し、やがて病気に繋がります。

内臓バイオメカニクスでは、そうした力学的な原因により機能不全に陥った臓器を手技により調整し、病的状態に陥る前に内臓の不具合の原因を取り除き、本来の働きを取り戻すように促します。

また、内臓機能の不調には精神的なストレスも大きな影響を及ぼします。当院ではエナジーワークと呼ばれるヒーリングを取り入れ、ストレスの軽減を図ることにより、多方面からの症状改善、より一層の機能の向上と健康状態の維持を目指しています。

内臓不調の一例

  • 下痢、便秘、お腹が張る、腹痛
  • 消化が悪い、胸焼け、吐き気
  • 物が飲み込みにくい、ゲップ
  • 頻尿
  • 生理痛がひどい
  • 呼吸がしづらい
  • 風邪をひきやすい
  • 代謝が悪い
  • 健康診断で数値が悪い臓器がある
  • ホルモンのアンバランス

など、この施術により内臓機能が回復・改善することで、さまざななお体の不調を克服している方が多くいらっしゃいます。

腰痛があり、椎間板に問題があると告げられ、ショックを受けている

腰痛があり、椎間板に問題があると告げられ、ショックを受けている

●腰痛と下肢の痺れ、痛みで50m程しか歩けなくて来院された70歳男性。集中的なカイロプラクティックの矯正の施術の継続により痛みは完全に消失し、現在は定期的に来院され、スポーツも楽しめるまでに回復している。

●腰痛と下肢の痺れで来院された20代の男性。特に下肢の痺れがひどく、朝方に痛みで目が覚めてしまう。集中的なカイロプラクティックの 施術により痺れ、痛みは消失し、現在も再発無く過ごしている。

カイロプラクティックを訪れる患者さんの中で最も多い症状の1つが腰痛です。多くの方が、「整形外科で背骨と背骨の隙間が狭くなっていると言われた」、「手術するしかないと言われた」という経験をお持ちです。

しかし実際には、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアと診断された方であっても、本当に手術が必要な方はごく一部で、多くの方はカイロプラクティックの調整により回復されます。例えば背骨と背骨の隙間の狭小化とは、背骨が変形していく過程ですが、このような変化は、歪みのある部位に発症します。そのためカイロプラクティックの施術により歪みを調整することで、症状が改善されるのです。また当院では、手技による矯正等はもちろんのこと、狭くなった隙間を広げる事ができる最新かつ特殊な器具を海外から取り入れ、必要な場合は使用しています。

手術は身体の負担にもなります。手術せずに対処する方法を是非、試してみてください。ただし、痛みなどの症状が消えたとしても、本当の意味でお体(背骨)の状態を変化させて行くにはお時間がかかるものです。良い状態を維持するためにも、定期的なチェックと調整がとても大切です。

<背骨の経年変化>

背骨を適切にケアしなかった場合の経年変化を表しています。

ストレスが多く元気がない
気分が重くてやる気が出ない

ストレスが多く元気がない 気分が重くてやる気が出ない

●多くのストレスによりいつも疲れていて体の調子も悪く、ご本人いわく「死んだような状態」で来院された40代女性。カイロプラクティックの治療に加え、30分のエナジーワークを受け、1年経過した今では多くの体の不調が回復し、気力、体力とも見違えるように良くなり、活動的な毎日を過ごせるようになった。

●ご主人との死別、親の介護・死別により、疲れと悲しみ、ストレスで何もやる気が起きず、「抜け殻のような状態」で来院された60代女性。定期的にエナジーワークを受け、初めのうちはヒーリング中も涙が溢れる状態でしたが、今は元気はつらつとした状態になり、趣味を始めたり、活動的に毎日を過ごせるようになった。

エナジーワークは人間の生命力の源である生命エネルギー、“気”に働きかけるワークです。生命エネルギーは目には見えませんが、絶えず私たちの体の中をスムーズに巡り、体のすみずみにエネルギーを供給しています。ところがライフエナジーが下がっていたり滞りが起こると、心身の調子を崩してしまいます。このような状態はストレスに対して敏感になり、ストレスを感じやすくなったり、イライラしたり、痛みを感じやすくなったりします。このような状態は病気の前兆にもなります。

エネルギーワークはこのエネルギーの滞りを自然に流れ、引き上げるように促します。エネルギーの状態が良いと、同じことが起こっても物事の見え方、捉え方が変わることでストレスを感じにくくなったり、深いリラックスを得られるようになります。これは心身の問題が本当の意味で治癒するのに必要不可欠なことです。

VOSのエナジーワークは当院のアドバイザーであるホリスティック医学の権威、ジョン・ダイアモンド医師のヒーリング哲学に基づき、皆さまが、自身が持っている治ろうとする力を引き出せるよう促すとともに、よりエネルギーの高い状態で毎日を過ごせるようサポートさせていただきます。

エナジーワークについて詳しくはこちら